CHECK

お宮参り写真はどんなところで撮影したらいい?おすすめの撮影スポットをご紹介

当サイトは、お宮参り写真はどんなところで撮影したらいのか、おすすめの撮影スポットをご紹介しています。
これから赤ちゃんを連れて参拝をしたり記念写真の撮影をしたりすることを検討しているのなら、ぜひ参考にしてみてください。
お宮参りの写真で一緒に撮ってもいい人は誰なのか、祖父母はOKなのかといった疑問にもお答えしています。
お宮参りの写真はいつ撮るのか、お参りの前・後どちらが良いのかといった情報も解説しているサイトです。

お宮参り写真はどんなところで撮影したらいい?おすすめの撮影スポットをご紹介

赤ちゃんが生まれたため、産土神に参拝をしてお宮参り写真の撮影をすることを検討している人もいるのではないでしょうか。
そのような場合、どこでお宮参り写真を撮影するべきか迷うこともあるかも知れません。
一般的にお宮参りの写真を撮るために選ばれることが多いのは、お参りに訪れる神社です。
参道や鳥居の前などが人気があります。
とはいえ、神社や境内の場所によっては写真撮影をするために許可を取らなくてはならない場合もあるので、事前に確認しておくのがおすすめです。

お宮参り写真はいつごろから予約をすればいい?

赤ちゃんが生まれて初めてのお参りをする際にお宮参り写真を撮影したいという方は、いつ予約をしたら良いのだろう、と悩まれる方も多いのではないでしょうか。
写真館によって異なりますが、赤ちゃんが生まれてからでも十分間に合う業者がほとんどです。
お宮参りは生後1か月ごろに行うことが昔からの伝統ではありますが、近年では時期については自分たちの都合に合わせて選ぶ方が多いようです。
生後1か月ですと、赤ちゃんはほとんど外出しない時期ですし、お母さんも毎日の育児による不規則生活から体調が安定していないことも多いです。
赤ちゃんもお母さんも生活に慣れて少し安定した頃にお宮参りに行くことをおすすめしますので、出産後、育児をしてみて様子を見ながらお参りの時期を決定しても良いのかもしれません。
希望日の2週間から1か月前でも予約を取得できることが多いので、焦らず自分たちのペースに合わせて大丈夫です。
その方が素敵なお宮参り写真が撮影できるでしょう。
出産前に依頼したい業者選定を行っておくとスムーズです。

お宮参り写真を撮る時に持参する物はある?

お宮参り写真は赤ちゃんが主役となるため、事前に様々な物を準備しなくてはなりません。
写真スタジオでも様々な物を用意してありますが、慣れ親しんだものの方がよく笑うことが多く、あらかじめ持参をしておくとスムーズに撮影が進むことも多いです。
お宮参り写真を撮る際に持参するものとして、おむつ替えシートやごみ袋、ミルク類やガーゼなどがあげられます。
おむつ替えはまだ首が座っていないことから寝かせて替えなくてはなりません。
トイレや授乳室が完備されている写真スタジオもありますが、ゆっくりと気兼ねなく替えるにはおむつ替えシートがあると便利です。
また意外と忘れてしまうのがゴミ袋です。
もちろんスタジオにゴミ箱は設置されていますが、替えたおむつを入れるのは不衛生であり気が引けてしまいます。
そのためゴミ袋は多めに持っていくと安心です。
このほかガーゼも必需品になります。
ミルクを飲んだ後などげっぷをすることが多く、口元が汚れることがあるためです。
一つあることで様々なことに活用できるので、忘れずに持っていくようにすると良いでしょう。

お宮参り写真の平均的な価格の相場は?

お子さんが生まれて初めてのイベントとなっているのがお宮参りです。
お宮参り写真すたじおや出張カメラマンに依頼して撮影される方が多い傾向が見られます。
ちなみに気になるのが料金で、依頼するところによって若干幅が出てきますので予算に合わせて選んでいく事もできます。
また大きな選択ポイントに、ロケーション撮影化スタジオで撮影をするかという選択肢がありますので考えてみてください。
それぞれの相場を紹介しますので、参考にしてみましょう。
まずスタジオ撮影の場合は、およそ2万円から3万円です。
基本料金は三千円ほどに設定されているところが多いですが、写真枚数やオプションによって変わります。
個人店ですと1万円ぐらいからできるところもあります。
出張撮影となりますと、60分で一万五千円から二万円程度のところが多いです。
家族全員で外で撮ってもらえるというメリットがありますが、天候に左右される事もありますのでお宮参り写真においては要注意です。

お宮参り写真はセルフで撮影してもいい?

お宮参り写真をセルフで撮影していけない理由など一切ありません。
家族のプライベートな行事であり、他人がとやかく指図したりするようなものではなく、自ら納得して行うのであればお宮参り写真を自分自身で撮影して問題あろうはずがないわけです。
ただし考えておかなければならないことがあります。
セルフでは綺麗に写真を撮ることは決して簡単ではありません。
スナップ写真であればそれでも良いのですが、仮にも家族のための大事な写真であり、何十年も後になっても残るものです。
それだけ大事なものだということは意識しておいて良いでしょう。
もしかすると、例えば父親が自分で撮影するとして、本人はそれでよいと十分に納得しているかもしれませんが、母親は心の底から納得はしていないかもしれません。
老婆心ながら、祖父母はまた別の考えを持っているかもしれないわけです。
このように、自ら納得してとは言っても、本当に関係する人の全てが真に納得しているかは分からないこともあります。

お宮参り写真に関する情報サイト
お宮参り写真のお役立ち情報

当サイトは、お宮参り写真はどんなところで撮影したらいのか、おすすめの撮影スポットをご紹介しています。これから赤ちゃんを連れて参拝をしたり記念写真の撮影をしたりすることを検討しているのなら、ぜひ参考にしてみてください。お宮参りの写真で一緒に撮ってもいい人は誰なのか、祖父母はOKなのかといった疑問にもお答えしています。お宮参りの写真はいつ撮るのか、お参りの前・後どちらが良いのかといった情報も解説しているサイトです。

Search